出版 編集・制作 校正・校閲

HOME出版編集・制作自費出版校正・校閲会社概要KAIFUSHA
TEL:06-6541-1807

校正・校閲

印刷物・WEBなどの校正・校閲

校正・校閲は媒体によってチェックポイントが異なります

校正・校閲 例えば、商品カタログ
商品カタログの校正では商品写真とスペックの整合性のチェックが必須です。
また場合によっては原稿が何種類もありますので、校正作業前の原稿整理と作業中の進行管理が必要です。

例えば、情報誌
情報誌の校正では、URL、電話番号など掲載内容の事実確認作業が必要となります。
またその情報誌を手に取る年齢層を念頭に置いて語彙の校閲や言い回しのチェックを行います。

印刷事故を数多くみてきたからこそわかる見落としやすいポイント

校正・校閲
例えば、旅行パンフレット
紹介記事の中で、上賀茂神社に対して下賀茂神社などという記述になったりします。
正しくは下鴨神社です。また上賀茂神社を上加茂神社と間違うのもよくあるミスです。

例えば、百貨店催事チラシ
和装の写真ですが、着物の合わせが左前になっていたりすることがあります。
写真なので端の切れなどはすぐに気付くのですが、前合わせは「まちがっているかもしれないぞ」という目で見ないとスル―してしまうポイントです。

ページ物の最後の仕上げに常識校閲をお勧めしています

学術論文、社史、年史等の常識校閲サービスご好評いただいています。
印刷する前に、不安をなくしておきましょう。
どうぞお気軽にご相談ください。
お問い合わせはこちらから
大阪本社:〒550-0011 大阪市西区阿波座1-9-9 阿波座パークビル701 TEL 06-6541-1807(代) FAX 06-6541-1808

東京営業所:〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5F TEL 03-6890-5362