出版 編集・制作 校正・校閲

HOME出版編集・制作自費出版校正・校閲会社概要KAIFUSHA
TEL:06-6541-1807

出版

南島叢書

奄美八月踊り唄の宇宙

注文する書籍の紹介清 眞人 ・ 富島 甫 著
 相聞歌というテーマに戻る。
 性の民俗学の追求者として名高い赤松啓介を探訪しよう。
 赤松は、著書『民謡・猥歌の民俗学』の終結章で、同書の考察は日本の近世民謡(私としては、本州(ヤマト)の、と限定詞を付け加えたい)に限定されるとあらためて述べたうえで、近世民謡を古事記、日本書紀あるいは万葉集が鮮烈に示す古代民謡と鋭く対比し、実に的確にその限界をおおよそこう特徴づけ批判している。-古代民謡のあり方が通用した平安末期ころまでは庶民のあいだにも自由恋愛の風習が残っていたので、古代民謡は真に「ラブ・ソング」と評しうる。だが、近世民謡に歌われる愛と性の歌はもはや決して「ラブ・ソング」と評しうる資格をもつものではない。というのも、それらは「情事にとどまって、恋愛に成長しないからである」と。
 この視点はいい。私は気に入った。
 ・・・・・・・・・・・


第2部第1章「奄美八月唄はいかに本州(ヤマト)の近世民謡と異なるか-赤松啓介と折口信夫を手掛かりに」より
大阪本社:〒550-0011 大阪市西区阿波座1-9-9 阿波座パークビル701 TEL 06-6541-1807(代) FAX 06-6541-1808

東京営業所:〒106-0032 東京都港区六本木4-8-7 六本木三河台ビル5F TEL 03-6890-5362